シングルゼロルーレット

カジノの総取り「0」がひとつのシングルゼロルーレット

シングルゼロルーレットはヨーロッパで誕生したため、ヨーロピアンルーレットとも呼ばれます(こちらの呼び方のほうが一般的かもしれません)。主にヨーロッパやマカオなどでプレイされていて、特にヨーロッパでの人気はかなり高いです。

ルーレット自体、かなり歴史のあるゲームですので、昔から多くの人が虜になってきました。ロシアの文豪ドストエフスキーがどっぷりハマったのは有名で、彼は『賭博者』というルーレットをモチーフにした小説まで書いています。

シングルゼロルーレットの一番の特長は、マス目が37に分かれているという点です。通常のルーレットには1~36のマス目がありますが、シングルゼロルーレットではこのほかに「0」というマスがあります。
「0」はカジノ側の総取りです。「0」の数字に賭けていないかぎり、賭け分はすべて没収されます。赤に賭けてても黑に賭けてても奇数や偶数に賭けててもすべて負け。「0」はプレイヤーにとってはとても恐ろしい数字なのです。

黒や赤の勝てる確率は50%じゃない?

ルーレットで黒や赤に賭けるのは一般的な賭け方です。これならほぼ50パーセントの確率で勝てるからです。ただし、50パーセントはほぼであって50パーセントきっかりではありません。そう。「0」があるからです

正確に言うと赤と黒の勝てる確率は、48.6パーセントになります。ほんの少しですが、50パーセントを切ってしまっていますよね。これがカジノ側にとってのハウスエッジ(控除率)になっているのです。
ペイアウトで言うならシングルゼロルーレットは97.30パーセントになります。スロットなどと比べると高い割合ではありますが、ブラックジャックやバカラ、ビデオポーカーなどと比べれば低い割合です。この点は踏まえて勝負に挑んだほうがいいかもしれません。

シングルゼロルーレットはルーレットの中では勝ちやすい

ルーレットには、このほかにダブルゼロルーレットというものも存在します。詳細は別の項で書きますが、このダブルゼロルーレットにはなんと「0」のほかにもうひとつ「00」というカジノの総取りのマス目があるのです。

もちろんシングルゼロルーレットのほうがダブルゼロルーレットより有利なのは言うまでもありません。好んでダブルゼロルーレットで遊ぶプレイヤーも多いようですが、もしあなたが初心者でルーレットに挑戦しようというつもりでしたら、シングルゼロルーレットのほうをおススメします。
遊ぶ際には「0」はアンラッキーだと思って諦めましょう。「0」を気にしすぎると、なかなかこれといった勝負ができません。

ランド(実際の)カジノではディーラーが玉を放ります(現在は機械式のものも多いようですが)。このディーラーの癖を見つけるのもランドのルーレットの楽しみ方のひとつなのです。ただ、残念ながら、オンラインルーレットではそういう勝ち方は望めません。
本当かどうかはわかりませんが、一流のディーラーになると狙ったところに玉を入れられるそうです。こうなると「0」が出る確率もかなり高くなります。その心配がない分、やはりオンラインカジノでは「0」は無視して勝負するのがいいでしょう。

もちろん、ひたすら「0」に1点賭けするというのでもかまいません。遊び方は自由です。ただ、ほぼ確実に負けます。それだけは断言できます。ちなみに「0」の1点賭けの場合も数字の1点賭けと倍率は変わらず36倍になります。
ルーレットの戦略必勝法については、別のところで書いていますので、気になった方はぜひそちらも合わせてお読みください。