カジノの総取りは「0」と「00」の2マス

ダブルゼロルーレット

37マスのシングルゼロルーレットと違い、ダブルゼロルーレットではマス目が38あります。このうちのひとつが「0」、もうひとつが「00」。どちらもそのマスに賭けてない限り、カジノの総取りになる目です。

アメリカで改良されたため、アメリカンタイプと一般的には言われますが、じつはヨーロピアンタイプ(シングルゼロルーレット)よりも歴史は古く、古典的なルーレットであるとも言われています。

後述しますが、ダブルゼロルーレットはシングルゼロルーレットよりもカジノ側に有利にできているため、現在のランド(実際の)カジノではこちらを採用しているところが多いようです。アメリカや韓国などでは、圧倒的にダブルゼロルーレットが主流です

とはいえ、ヨーロッパを中心にシングルゼロルーレットの人気も高く、どちらも併存しているのが現状です。カジノの中には同じフロアに両方を備えているところもあります

ペイアウト率はシングルゼロルーレットのほうが有利

赤黒賭けで勝てる確率は、シングルゼロルーレットが48.65パーセントなのに対して、ダブルゼロルーレットでは47.37パーセントと1パーセント近く下がります。当然ながらペイアウト率も低くなり、シングルゼロルーレットが97.30パーセントなら、ダブルゼロルーレットは94.74パーセントになります。

勝ちやすさという点では明らかにシングルゼロルーレットのほうが有利なのですが、なぜかダブルゼロルーレットも根強い人気があるようです。

カジノ側からしたら、カジノにより有利なゲームの人気が高いのはうれしいところでしょう。もっとも、オンラインカジノではシングルゼロルーレットのほうが好まれる傾向にあるようです。これは世界各国の人が遊ぶためからかもしれません。もしかすると、ダブルゼロルーレットが好きなのはアメリカ人が中心なのかもしれませんね。

マス目の並びの違いに要注意

ダブルゼロルーレットでは「0」と「00」が対角線上に並び、隣の数字と1つ違いの数字がやはり対角線上に並ぶという配列をしています。一方でシングルゼロルーレットには、そういう規則性はありません。
ルーレットのマス目なんて覚える必要あるの? と思われる方もいるかもしれませんが、マス目の配列を覚えておくと、より有利な賭け方ができるようになります。覚えておいて損はありません。

赤黒賭けや偶数奇数賭けなど、ほぼ半々の確率に賭ける方にとっては「0」と「00」は不運としか言えないマス目になりますが、賭け方によってはこの2つすらも有効に扱える場合もあります。
とはいえ、ペイアウト率を考えるとやはりダブルゼロルーレットはシングルゼロルーレットには及びません。両方が用意されているカジノなら、シングルゼロルーレットを選ぶほうが無難です。

ダブルゼロルーレットが主流になったこともあり、攻略方法もダブルゼロルーレット限定のものが現われるようになりました。もちろん、シングルゼロルーレット用の攻略法というものもまた存在します。これらは、どちらもに対応しているものではないため、もしこういった方法を用いるのであれば、シングルゼロかダブルゼロのどちらで勝負するかは決めておいたほうがいいでしょう。この場合、ペイアウト率はあまり関係ありません。
より世間に広まっているゲームのほうが攻略法も多く出てくることになりますので、その点ではダブルゼロのほうが有利とも言えます(もっとも攻略法が有効かどうかは別問題ですが)。
ルーレットの戦略必勝法については、別のところで書いていますので、気になった方はぜひそちらも合わせてお読みください。