国会でカジノを含む統合型リゾート実施法案が成立しました

日本にいよいよカジノが?!

今、国会でカジノを含む統合型リゾート(いわゆるIR)実施法案が成立しました。

 

世間では日本国内では様々な問題や災害に対する対処等が求められている中、カジノ法案を急いで成立させたのはどうしてか?という声が多く聞こえてきているそうです。

ちまたでカジノ法案は国民のための法案ではなく国家のための法案として成立された!と言われています。

日本にカジノが出来る事によっていくつかのポイントが心配視されています。

まずギャンブル依存症の人が増えるのではないか?という事です。
これについて国は日本人が日本のカジノに入るためには5000円程の入場料を支払う必要があり、1週間の間に2度か3度という入場出来る回数には限度が設けられるのでギャンブル依存症の人を直接増やすという事にはならないそうです。
実際に現在日本には公的ギャンブルとして競馬や競輪、競艇やパチンコといったギャンブルが多数存在し、カジノが出来たからといってそれがギャンブル依存症の人を増やすのではないかという点には直接関係はないような気がしますね。

次に心配視されているのが治安の悪化です。

外国人がメインのカジノ客と予想されているだけに大量の外国人が日本に来ることが予想されます。この点については国がしっかり対策してくれる事を期待したいところですね。

いったい日本のどこにカジノが建設されるの?パチンコ屋現在ある公的ギャンブルはどうなるの?等の問題はまだまあありますが日本にカジノが出来るのは悪い点ばかりではございません。

日本にカジノを作る一番の目的は国の利益の増収だと思います。
日本にカジノが出来、たくさんの外国人が日本を訪れ、カジノだけではなく日本国内様々な場所でお金を使う事により日本の国益がかなり増える事が予想されています。

実際にシンガポールにカジノが出来、シンガポールの国益がかなり増加しました。

カジノが実際に建設されプレイ出来るようになるまでまだまだ時間はかかると思いますが法律が成立された以上日本国内にカジノが建設されるのは時間の問題となっています!

カジノ法案が日本で成立!日本のカジノはどうなるのか?・9月20日
オンラインカジノは違法なのか? 合法なのか?

ニュースもっと見る

ライブカジノハウス 11月のフィーバーシリーズ第4週

ライブカジノハウスの「11月のフィーバーシリーズ」も本日から最終の第4週に入りました。今週の指定スロットプロバイダーはPlay N' GO。総額$2,500、優勝賞金$600を手にするのは誰だ!?

ライブカジノハウスの「11月のフィーバーシリーズ」も本日から最終の第4週に入りました。今週の指定スロットプロバイダーはPlay N' GO。総額$2,500、優勝賞金$600を手にするのは誰だ!?

ベラジョン 新米ベラファミ応援キャンペーン

ベラジョンカジノにまだ入金したことがない人は急げ!今月末までの「新米ベラファミ応援キャンペーン」では、初めて入金したプレイヤーに限って毎日$50入金すれば毎日$2のボーナスが上乗せされてプレイできます。

ベラジョンカジノにまだ入金したことがない人は急げ!今月末までの「新米ベラファミ応援キャンペーン」では、初めて入金したプレイヤーに限って毎日$50入金すれば毎日$2のボーナスが上乗せされてプレイできます。

ライブカジノハウス ビットコインボナンザ!

ビットコインユーザーに朗報!ライブカジノハウスでは11月末まで5%毎日最大$25のリロードボーナスがもらえます。目下3年ぶりのバブルで大高騰しているビットコイン、ついでにボーナスで増やしてしまいましょう!

ビットコインユーザーに朗報!ライブカジノハウスでは11月末まで5%毎日最大$25のリロードボーナスがもらえます。目下3年ぶりのバブルで大高騰しているビットコイン、ついでにボーナスで増やしてしまいましょう!

ユーザーの安全のためにオンラインカジノが取り組んでいることとは?

IR誘致に伴い日本国内でもギャンブル依存症についての知名度が高まっています。 オンラインカジノ業界では、実は安全にギャンブルを楽しんでもらうための工夫がされているのをご存知でしょうか? 本記事ではそんなオンラインカジノの取り組みについてご紹介していきます。

IR誘致に伴い日本国内でもギャンブル依存症についての知名度が高まっています。 オンラインカジノ業界では、実は安全にギャンブルを楽しんでもらうための工夫がされているのをご存知でしょうか? 本記事ではそんなオンラインカジノの取り組みについてご紹介していきます。

BACK TO TOP