オンラインカジノって税金はかかるの?計算方法や申請方法を解説!

寺川忍
By: 寺川忍
tax

オンラインカジノで得たお金は一時所得に分類される

 

結論から言うと、オンラインカジノで得たお金には税金がかかります。オンラインカジノと税金は決して切り離せません。

 

これは他のギャンブルにも共通していますが、ギャンブルで得たお金は日本の法律では「一時所得」と分類され課税対象となるのです。

 

そもそも一時所得とは「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」と定義されています。

 

普段は会社員としてお給料を貰っている人が、給料や事業によって生み出した利益以外で一時的に得ることになったお金と捉えて良いでしょう。

 

本来は一般のギャンブルにも税金はかかる

 

 

とは言っても、競馬やパチンコで得たお金に対して税金を払っているイメージがあまりない…という方も多いのではないでしょうか。

 

先程説明したように競馬やパチンコといったメジャーなギャンブルでの勝利金も、本来は一時所得とみなされ課税対象となります。

 

しかし実際に競馬やパチンコをしている方ならご存知でしょうが、こういったギャンブルで得たお金に対して税金を支払っていなくても税務署に指摘を受けることはあまりありません。

 

それは競馬やパチンコの勝利金の支払われ方が原因です。これらの勝利金は店頭にて直接現金で支払われます。そのためお金の流れを税務署が把握できないからです。

 

こういった理由で一般的なギャンブルでは、税金が見逃されてしまう場合があるのです。

 

しかし本来は課税対象となるものです。しっかりと勝利金には税金を支払いましょう。

 

オンラインカジノでの勝利金は銀行を通じて支払われる

 

 

オンラインカジノでのお金の流れは基本的に銀行を通して行われます。

 

もちろんオンラインカジノで得た勝利金は銀行に支払われるため、こういったお金の流れは税務署もきちんと把握することが可能です。

 

そのためオンラインカジノではごまかしが通じませんので、しっかりと税金は支払いましょう。

 

オンラインカジノの所得税の計算方法

 

オンラインカジノでの勝利金にかかる所得税の計算方法です。

 

また一時所得は、50万円を特別控除として収入から引くことができます。そのため勝利金が年で50万円以下の場合は税金がかかりませんのでご注意下さい。

 

税金の計算方法

 

計算方法は下記のとおりです。

 

一時所得=収入額(オンラインカジノの得た金額)―支出―特別控除

一時所得の課税対象=一時所得×50%

所得税={(給与所得等他の所得+一時所得の課税対象)}―(各種所得控除)×税率

 

不明点などがありましたら税務署へ直接確認することがおすすめです。

 

損失額は支出に含まれません

 

計算の際に注意したいのが、損失額は支出に含まれないということです。

 

オンラインカジノで税金が発生するのは「勝ち金を得た」時のみです。

 

そのため、収入金額に損失を入れて計算しないよう注意しましょう。

 

オンラインカジノの税金の申請方法は?

 

オンラインカジノで得た勝利金への税金は自分で確定申告をする必要があります。

 

普段会社員の方には馴染みがないと思われますので、申請方法を解説していきます。

 

税金の対象となる時期・確定申告する時期

 

税金の対象となるのは1月1日〜12月31日の間となり、その間に得たお金を翌年の2月16日〜3月15日の間に確定申告する決まりとなっています。

 

例えば2019年の2月にオンラインカジノで得たお金は、2020年の2月16日〜3月15日の間に確定申告を行うということですね。

 

ちなみに申請時期である3月を超えると税務署がひどく混雑しますので、なるべく早めに行うことをおすすめします。

 

確定申告の際に揃える書類

 

確定申告を行う際は下記の3点の書類を揃えましょう。

 

・源泉徴収票(会社から受け取る書類)

・支払調書(オンラインカジノから受け取る書類)

・経費の領収書(所得が300万円以上の方のみ)

 

オンラインカジノ側から受け取る書類があるので要注意です。

 

大概の日本に進出しているオンラインカジノでは日本語サポートを行っていますので、直接問い合わせて貰うのが確実かと思います。

 

その他書類に関して不明な事があれば税務署に確認してください。

 

終わりに

 

いかがでしょうか。以上がオンラインカジノの税金についての情報です。

 

オンラインカジノでの勝ち金には税金が発生するとのことなので、必ず期間内に申請を行うよう注意しながら楽しみましょう。

BACK TO TOP