カジノの中では一番と言っていいほど歴史の浅いカードゲーム

カジノウォー

カジノ・ウォーは1980年代後半から1990年代頃にアメリカのカジノで誕生したと言われています。まだ生まれてから30年ほどの歴史しかないゲームなのです。

これが登場するや否や一気に人気を博していきました。理由は単純で、カジノ・ウォーがとてもわかりやすいゲームだったからです。
ポーカーのように役を覚える必要もありませんし、ブラックジャックやバカラのように定石を知らないと勝てないゲームでもありません。

しかも、カジノ・ウォーは1ゲームにかかる時間がとても短いのです。プレイヤーは短い時間で何度でも勝負ができます。これが受けてカジノ・ウォーは人気ゲームとなりました。

ルールは単純明快。カードの大きさで勝負

日本でも一時期「戦争」という名前で流行したことがありますので、知っている人もいるかもしれません。

ゲームのやり方は単純で、ディーラーとプレイヤーに1枚ずつカードが配られ、その数が大きいほうが勝ちとなります。

一番強いカードは「」。一番弱いカードは「」です。ほかに引き分けの場合もありますが、これについては遊び方のところで詳しく紹介します。

カジノ・ウォーの遊び方

タイベット

プレイヤーはまず「アンティ」にチップを賭けます。これが賭け金で、勝てば2倍、負ければ没収となります。
もし、引き分けになると予想するなら「タイ」に賭けることもできます。ここに賭けた場合、引き分けとなると賭け金は10倍になって返ってきます。
アンティ」と「タイ」の両方に賭けることもできますが、「タイ」だけに賭けることはできません。

テーブルゲーム

賭けが終わったら「ディール」を押して、ゲームをスタートさせます。ディーラーとプレイヤーにそれぞれ1枚ずつカードが配られ、カードの大きいほうが勝ちになります。
(「タイ」に賭けている場合、引き分け以外は没収となります)

カジノ・ウォーの遊び方3
引き分けの場合は、自動的に「タイ」に賭けられていた額の10倍が支払われます。さらに、プレイヤーは「ウォー」か「サレンダー」を選ぶよう求められます。
ウォー」はさらに同額の賭け金を積んでもう一度勝負すること。
サレンダー」は賭け金の半額を支払い、ゲームを降りること。
カジノ・ウォーの遊び方4
ウォー」を選択するともう一度カードが配られ、勝負となります。次も引き分けの場合は、そこで勝負は終了して賭け金は払い戻されます。
200%の初回入金ボーナス
入金額に対して200%マッチ
最大200ドルと30回の
キャッシュスピン
プレイする
合計最高1000ドル
初回:最高500ドル
2回目:最高250ドル
3回目:最高200ドル+フリースピン
プレイする
合計最高900ドル
初回:最高500ドル
2回目:最高250ドル
3回目:最高150ドル
ボーナスを得る
100%マッチ最高200ドル
入金額と同額の
ボーナスマネーを
上限200ドルで提供
ボーナスを得る

カジノ・ウォーに必勝法は存在するのか?

カジノ・ウォーはほぼ運まかせのゲームですので、戦略といえるほどのことはありません。賭ける金額を調整しながら、勝負をしていくというのが、考えられる一番の「勝ちやすい」方法です。

ただし、一点だけ覚えておきたいことがあります。引き分けで「ウォー」と「サレンダー」を選択する時のことです。この場合は、必ず「ウォー」を選んでください。
というのも、そのほうがハウスエッジが低くなるからです。簡単に言ってしまうと、そのほうがトータルで勝てる確率が高いのです。

また、「タイ」を有効に使っていくのも方法としてはありでしょう。「アンティ」と「タイ」に同額賭けていくとほぼ確実に負けていきます。なので、「アンティ」で勝負をしていき、「タイ」は保険として少額賭けるというのが有効だと思われます(これについては確証はありません。あくまでも参考に)。

なんにしてもカジノ・ウォーは初めて遊ぶにはもってこいのわかりやすいゲームです。時間もかかりませんし、見かけたら遊んでみると面白いですよ。

BACK TO TOP