オンラインカジノをゲームをプレイする時にリスク管理をして利益を出していくには、ランダムに賭けを進めるのではなく、カジノ必勝法をうまく用いることが大切です。

カジノ必勝法にはいろいろな手法がありますが、その中でも特に守りの手法として知られているのがグッドマン法です。この手法では、リスクを最小限にして、カジノゲームをプレイすることができます。

この記事では、グッドマン法について紹介します。グッドマン法はとてもシンプルなので、初心者でもすぐに応用することができますよ。

グッドマン法とは

グッドマン法は連勝した場合、1・2・3・5・5・5・・・・と賭けていくことから、別名1235法とも呼ばれています。

グッドマン法はモンテカルロ法など、他の手法とは異なり、賭ける金額が固定されています。グッドマン法を使う際は、常に1ドルからゲームを開始します。そして、勝った場合は、1ドル→2ドル→3ドル→5ドルと賭け金を増やしていきます。一度5ドルまで達したら、その後は賭け金を増やさずに、5ドルを賭け続けます。

もし負けてしまった場合は、賭け金を1ドルに戻して、勝敗に応じて賭け金を増減させていきます。

グッドマン法では最初に連勝してしまえば、後で負けたとしても損益がでることは少ないのが特徴です。また、賭け金の増え方も非常に緩やかです。そのため、リスクを最小限にしたい人に大変おすすめの手法といえます。

グッドマン法が有効なゲーム

グッドマン法は2倍配当のカジノゲームで効果を発揮する必勝法です。ルーレットの赤・黒、ハイロー賭け、奇数・偶数賭けは、初心者にもおすすめのシンプルなゲームです。

また、ブラックジャックやバカラでもグッドマン法は有効です。

これらカジノゲームは、カジ旅など定番のオンラインカジノであればほとんどプレイすることができます。

また、エンパイアカジノでは1ドルから遊ぶことができるゲームが多数あるので、グッドマン法を活用するには最適です。

グッドマン法のメリット

グッドマン法は賭け金が少なく、連勝した場合も賭け金が緩やかに増えていくため、ゲームを長くプレイすることができます。

賭け金が一気に増えていく手法では、テーブルリミット(そのゲームで賭けることができる金額の上限)にすぐに達してしまうため、手法を継続できなくなってしまうということがあります。

しかし、グッドマン法は最初の賭け金が少なく、賭け金の上限が5ドルと設定されているので、テーブルリミットを気にせずにカジノゲームをプレイすることができます。

グッドマン法のデメリット

グッドマン法には連勝できなければ利益が出ないというデメリットがあります。利益を出すには3連勝以上が必要となり、2連勝では利益も損失も出ません。とは言っても、3連勝はそこまで簡単ではないので、大きな利益を出しにくいという特徴があります。

また、利益が出しにくいとうことは、損失を取り戻しにくいということも意味します。最初に連敗が続いてしまい損益が出てしまった場合は、それを簡単に取り戻すことができません。

もし負けが続くようであれば、他の手法に早めに切り替えた方がいいでしょう。

グッドマン法の応用

グッドマン法は賭け金が少ないため、連勝したとしても賞金が小さいというデメリットがあります。そこで、より大きな利益を得たいという人は、2倍賭けにするのがおすすめです。

リスクをとって大きな利益を狙いたい時は、通常1ドル→2ドル→3ドル→5ドルと賭けていくところを、2ドル→4ドル→6ドル→10ドルと賭けていきましょう。これは3倍、4倍と増やしていくことも可能です。

ただし、倍数が大きくなればそれだけリスクも高くなるということを忘れないようにしましょう。

グッドマン法の注意点

グッドマン法は賭け金が少なく、賭け金が急増することもないので、リスクが低い必勝法といえます。しかし、グッドマン法で利益を出すには、勝ち数の方が多くなる必要があります。

連勝も連敗もなく、勝ち負けが交互に続くようであれば、損益が少しずつ増えていってしまいます。そのため、ゲームがこのような流れになった場合は、他の手法に切り替えた方がいいでしょう。

勝ち負けが交互に続くようであれば、マーチンゲール法やグランマーチンゲール法が利益を出すことができます。

グッドマン法を活用しよう

グッドマン法はシンプルな手法であり、低リスクでカジノゲームをプレイすることができます。そして、賭け金が少ないことからも少ない資金でプレイすることができます。
リスクを最小限にして長くゲームをプレイしたいという人は、グッドマン法を活用してみるといいでしょう。