必勝法”の可能性

By:

2008年、アメリカで「21」というタイトルの映画が封切られ、後に「ラスベガスをぶっつぶせ」という邦題で日本でも公開されました。この映画は約40年前にマサチューセッツ工科大学(MIT)の学生を中心にして構成され、およそ20年間に渡って活動していたMIT ブラックジャックチームという実在の組織を基に撮られています。
カジノで常勝を狙うための裏技的なテクニックとして、バカラやブラックジャックといった様々なカードゲームで活用されていたカードカウンティングという手法は、現在はカジノ側の熱心な対策によってほとんどの場面で有効に機能しなくなってしまいましたが、体系立ててカウンティングの公理を整理し、初めて世に周知させたのがこのMITブラックジャックチームでした。

カジノの必勝法

一般にカジノにおける必勝法としては、マーチンゲール法やモンテカルロ法が有名です。これらの手法ではベットする賭け金を調整しながら、最終的にプラスの収支を得ることを目指していきますが、この方法を用いることで常勝できるかというと、残念ながら答えはNoです。十分に長い期間をとったときに収束する確率、つまり期待値でいえば、どんな手法を使ったとしても、基本的にはカジノのゲームでプレイヤーの勝率が5割を超えることはありません。
もちろんこれらの手法をうまく使いこなして、適切なタイミングでゲームを切り上げながら勝ちを積み上げていくことは可能ですし、現実にそれを実践している熟練のプレイヤーも存在しています。しかし、そんな彼らにしても負けが込む瞬間を完全に無くすことは不可能で、常勝というわけにはいきません。

カードカウンティング

対して、冒頭のMITブラックジャックチームが用いたカードカウンティングという手法は、数を重ねていけば必ず勝つことのできる本当の意味での“必勝法”でした。当時MITで教鞭を執っていたエドワード・O・ソープは、すでにゲーム内で使われたカードは先見情報として除外し、場に残っているカードのみを前提として最適なプレイングを行うことで、プレイヤーが得られる利益を最大化する理論をまとめ上げます。後にソープ本人によって「幸福の公式」と名付けられたこの理論が示すプレイヤーの勝率は50%を超えており、数学という土台の上に組み上られげたカウンティング戦略は、ソープと、後にMITで組織されるその後継者達に何千万ドルという勝利をもたらすのでした。
ですが、カジノもいいようにやられているだけではありませんでした。使用済みのカードを簡単にカウントさせないための対策を次々に講じていきます。最終的にはチームとのいくらかのいたちごっこの後に、カウンティングの手法を封殺することに成功します。現在カジノのバカラやブラックジャックのテーブルで使われているカードシューも、このときの対策を基にして作られた道具なのです。

その他の“必勝法”

ずる賢いプレイヤー達が狙ったのはカードゲームだけかというと、もちろんそんなことはなく、それ以上にプレイヤー達から標的にされてしまったゲームがあります。それはルーレットです。理由は簡単で、カードやダイスを用いるゲームでは、プレイヤーに何か癖を掴まれたとしても、安価なのですぐに道具を取り換えることができます。一方で、ルーレットのテーブルでは、ゲームごとに新しい道具に取り換えるということはほとんど現実的ではありません。ホイールに歪みや傷、傾きがあれば玉の出目は偏ってしまうのに、そのホイールをすぐに交換するのは難しい。このジレンマにつけ入って、記録しておいた一連の出目からテーブルごとの癖を掴むことで、億単位の荒稼ぎをしたプレイヤーは世界で何人も知られています。
ただし、現在のカジノではルーレットの玉の出目をコンピュータで記録するようになっていて、大きな偏りが見られれば、そのテーブルを止めてしまったり、部品を交換するようになっています。今でもそのような対策を徹底していない怠慢なカジノもきっとどこかにはあるでしょうが、基本的にはこのような方法も、もはや通用しない枯れた手法であるといえるでしょう。

新しい“必勝法”は存在するか

現代でも、カジノに気付かれず勝利をさらってしまう、そんなことは可能なのでしょうか。蓄積された過去の経験からカジノは様々なことを学習しています。さらには何か予期せぬことが起きたとしても、その現象を分析するためのコンピュータ技術も日進月歩で発展を続けている状況です。怪しげな穴があれば、迅速かつ確実に塞がれることでしょう。
到底できそうにもないと思えますが、実際には過去の発案者達もそのような空気の中で計画を練り上げて、魔法を使ってみせたのではないでしょうか。数十年後の人達が記録を振り返ったときに、なんだそんな方法か、とさえ思ってしまうような方法で、網を潜り抜ける人が案外ひょっこりと現れるかもしれません。
すぐに解ける魔法だとしても、本当に画期的な方法を思いつけたのなら、僅かな時間で億万長者になることもきっと夢ではないはずです。ゲームで疲れた合間に、コーヒーでも飲みながら、そんな方法を考えてみるのも面白いかもしれませんね。ただし、もちろん看破されても手錠をかけられるようなことのない方法であればですが。

カジノブログもっと見る

くじを制した男

皆さんはステファン・マンデルという名前を聞いたことがあるでしょうか? ルーマニア出身の経済学者ですが、彼は驚くべき世界記録を保持しています。 なんと、彼は複数国にまたがって、1992年の2,700万ドルといった大当たりを始めに実に14回もくじを的中させているのです。 彼が勝利を掴んだ戦略について紹介したいと思います。

皆さんはステファン・マンデルという名前を聞いたことがあるでしょうか? ルーマニア出身の経済学者ですが、彼は驚くべき世界記録を保持しています。 なんと、彼は複数国にまたがって、1992年の2,700万ドルといった大当たりを始めに実に14回もくじを的中させているのです。 彼が勝利を掴んだ戦略について紹介したいと思います。

カジノ設立の意義

ギャンブルは経済にとって非常に有利で、収益性の高いインパクトを持っているという事実があるのは疑いようがありません。 未来には何があるか分からないため、あなたが将来的に人生の大成功を収め、自分のカジノを持つチャンスが訪れないとも限りません。 これから、自分のカジノを持つときのために必要なことについて考えていきましょう。

ギャンブルは経済にとって非常に有利で、収益性の高いインパクトを持っているという事実があるのは疑いようがありません。 未来には何があるか分からないため、あなたが将来的に人生の大成功を収め、自分のカジノを持つチャンスが訪れないとも限りません。 これから、自分のカジノを持つときのために必要なことについて考えていきましょう。

フリースロットのすすめ

カジノゲームの中でも特に人気が高いのがスロットゲームです。 誰でもすぐにプレイできることがこのゲームの魅力の1つですが、シンプルさゆえに勝利のチャンスをより掴みやすくするための努力が軽んじられているきらいもあります。 そこで、ぜひ皆さんにお勧めしたいのが無料のゲームモード、フリースロットの活用です。

カジノゲームの中でも特に人気が高いのがスロットゲームです。 誰でもすぐにプレイできることがこのゲームの魅力の1つですが、シンプルさゆえに勝利のチャンスをより掴みやすくするための努力が軽んじられているきらいもあります。 そこで、ぜひ皆さんにお勧めしたいのが無料のゲームモード、フリースロットの活用です。

オンラインカジノ

ギャンブルにまつわる迷信

「あなたは迷信を信じますか?」 カジノフロアでは験を担いでいる人を見つけるのはとても簡単なことなので、カジノのプレイヤーは世界で最も迷信を信じている人達の1つであると考えられています。 世界中で、どのような迷信が信じられているのか、ここでは皆さんに紹介してみたいと思います。

「あなたは迷信を信じますか?」 カジノフロアでは験を担いでいる人を見つけるのはとても簡単なことなので、カジノのプレイヤーは世界で最も迷信を信じている人達の1つであると考えられています。 世界中で、どのような迷信が信じられているのか、ここでは皆さんに紹介してみたいと思います。

BACK TO TOP