カジノの王様とも呼ばれるバカラは、ランドだけでなく、オンラインカジノの世界でも大人気のテーブルゲームです。
ほぼすべてのオンラインカジノにバカラはありますし、高額のテーブルが用意されているカジノもあります。
つまり、バカラの必勝法さえ知ってしまえば、どのカジノでも通用できるわけです。

そこで、今回は「バカラの必勝法」を徹底的にリアルに考えてみます。

バカラ必勝法

バンカーとプレイヤーは五分五分ではない

バカラの勝ち方を紹介する前に、まずはバンカーとプレイヤーの勝つ確率はじつは半々ではないということを理解してください。ゲームの性質上、ほんのわずかですが、バンカーのほうが有利になります。
そのかわり、バンカーに賭けて勝った場合は、コミッションとして5パーセント程度をカジノに取られます。つまり、

  • 勝ちやすいが賞金が少ないバンカー
  • 勝ちにくいが賞金が高いプレイヤー

のどちらかで勝負するというわけです。この辺がバカラのじつに微妙なところで、賭け手を悩ませるところでもあります。
というのも、勝ちやすいかどうかは本当にわずかの差で、プレイヤーが連続して勝つこともしょっちゅうあるからです。
なら、プレイヤーに賭け続ければ有利なのか、と言うと、そうでもありません。確率的にはバンカーはやはり有利だからです。

ちなみに引き分けの場合は、賭け金がそのまま戻ってきますので、気にしなくても大丈夫です。

「絶対に勝つ」という考え方を改める

バカラは勝負の前に賭けを行いますし、2枚目以降のカードを引くかどうかも自動で決まります。つまり、勝負を自分でコントロールすることができないゲームなのです
そのため、バカラで勝ち続けることは難しく次のゲームでバンカーが勝つか、プレイヤーが勝つかは、それこそ神のみぞ知るです。そこに賭けるのですから、正直に言って必勝法はあり得ません

そこで考え方を変えてみます。「絶対に勝つ」のではなく、「できる限り負けない」方法はないのか。これなら、考え方次第ではなんとかできそうです。
ただし、先に言っておきますが、この方法は徹底しないと意味がありません。欲をかいたら失敗しますし、時には負けることもあります。その点を十分に理解したうえで、参考にしてもらえればと思います。

一方に張り続ける

バンカーでもプレイヤーでもいいのですが、どちらか一方と決めて、ひたすらそちらに賭け続けるというのもひとつの手です。
ただし、バンカーとプレイヤーでは勝つための賭け方が少し変わってきます。

バンカーに賭ける場合は毎回、同じ金額の勝負でいいと思います。コミッションは取られますが、確率的には有利なので、長いこと続けていれば勝てる確率は高くなります。
一方、プレイヤーに賭け続ける場合は、確率的には不利になりますので、ちょっとした工夫が必要です。具体的には何回かに一回だけ金額を少し上げるなどといったことになるでしょう。3連敗したら金額を1.5倍に引き上げるといった感じで決めておくと、迷いなく勝負できます。

この時に重要なのは常に長い目で勝負を見るということです。連敗が続き負けがこんできたから戦略を変えるというのでは、元も子もありません。あくまでも最終的に「勝つ」ことを目指して一貫して勝負していくのが、勝ちへのいちばんの近道です。

勝ったら即ヤメが絶対原則

方法と大きく言ってしまいましたが、これから紹介するのは特定の賭け方というよりは、心構えのようなものです。また、バカラに限ったことではありません。どのギャンブルにも共通する「負けない秘訣」のようなものだと考えてください。
賭け方はお好みのやり方でかまいませんが、ここではわかりやすくマーチンゲールでのケースを見てみます。
バカラの戦略のところで紹介したように、マーチンゲールの際は必ずプレイヤーに賭けます。スタートは1ドルと仮定しましょう。

  1. 1回目 賭け金1ドル バンカー(1ドル負け)
  2. 2回目 賭け金2ドル バンカー(3ドル負け)
  3. 3回目 賭け金4ドル バンカー(7ドル負け)
  4. 4回目 賭け金8ドル プレイヤー(1ドル勝ち)

ポイントはここです。この時点で1ドル勝ちです。ここでゲームを終了するのです。
は? と思う人も多いでしょう。だって1ドルしか勝っていないのですから。
ですが、たった1ドルでも勝ちは勝ち。勝ちを確定させるということが何よりも重要なのです。もちろん、最初に目標を決めておいてそこまで勝ったらというのでもかまいません。

ただし、目標はあくまでも低く設定しましょう。1ドル勝負なら10ドル勝ったらやめるといった具合です。同様に負けの限界も決めておきます。1ドル勝負なら30~50ドルぐらいが妥当でしょうか。この負け額に達したら、問答無用でゲームを終了します。

また、バカラを遊ぶ際にはライブゲームを選ぶのもひとつ重要なポイントになります。
もちろん、ライブでもそうでない場合でも、バカラのルールなどは変わりません。
ただし、ライブのバカラにはツキの流れが生まれやすい傾向にあります。
ランドのカジノの場合は相手がプロのディーラーなので、ツキはカジノ有利に働きがちなのですが、オンラインカジノの場合、ディーラーがプロでないことも多く、こちらに有利な流れが生まれやすいのです。
ベラジョンカジノライブカジノハウスのように大量のライブゲームを設置しているカジノは特に狙い目です。
ツイテいないディーラーを見つけて、積極的に狙いにいくのもありです。

賭けの家計簿をつけておこう

1ドル勝ちの確定。これには多くの人が不満を持つと思います。でも、よく考えてみてください。この勝負であなたは負けてはいないのです。
たった1ドルの勝ちでも100回繰り返せば100ドルになります。10ドル勝ちなら1000ドルです。
1回の勝負で100ドル勝つよりも、100回の勝負で100ドル勝つ。頭の中をそう切り替えてください。
そしてここが重要なのですが、必ず勝った金額(あるいは負けた金額)をメモするようにしてください。賭けの家計簿を付けるのです。
そんなものはカジノのキャッシャーを見ればわかると思ってはいけません。自分で付けることが大切なのです。

今回いくら勝ったかは重要ではありません。それまでにいくら勝ち、いくら負けて、トータルでいくら残っているかがポイントです。
どんなに少額でも勝ちを確定させ続けていけば、トータル金額は増えていくはずです。
逆に負けを確定させ続けていけば、トータル金額はすぐに減っていきます。

ゲームは毎回が初めてのつもりで挑もう

賭けの家計簿をつけていくと、これまでの負け分が頭をよぎってしまいがちです。が、毎回のゲームに前回までの負け分を持ち込んではいけません。
例えばトータルで20ドル負けているからといって、普段1ドル勝負をしている人がいきなり20ドル勝負をはじめるのは、負けへの第一歩です。
ゲームには常に同じ姿勢で臨み、勝ったら即やめる。これを繰り返し、とにかく勝ちの確定を多く積み上げていく。

人間、勝てば勝ったで「さらにいけるのでは?」という欲が生まれますし、負けたら負けたでそれを取り戻そうと思いがちです。
それはある意味、ギャンブルの魅力でもあります。が、ギャンブルは必ず負けるようにできているものです。その魅力に惹かれてゲームに挑めば、負けるのは確実です。
欲を抑えこみ、勝ちを確定させることを徹底させる。なかなか難しいことですが、これができれば勝ちに近づけるのは間違いありません。
なお、例ではマーチンゲールを取り上げましたが、その他の賭け方をしてもかまいません。負けの限界がくるまで賭け続け、勝ったら即やめる。これを続けていくことが、勝ちへの近道です。

その他のカジノゲーム

【バカラで勝負するならこのカジノ】

特徴
ボーナス
順位
公式サイト
  • ライブゲームまで完全モバイル対応
  • 豊富なプロモーション
100%初回ボーナス
  • 多彩なボーナス
  • マルチデバイスに対応
  • ボスを倒して報酬をゲット
最大400ドル+200回フリースピン
  • 全10種類のライブゲームを完備
  • 様々なプロモーション
初回入金に対して100%